« フジロック前日 | トップページ | フジロック2日目 »

2006年7月29日 (土)

フジロックに行く

 そんなこんなで寝坊。用意する時間が無かったのでビーチサンダルとTシャツオンリー、超軽装で行くことに。現地は雨っぽいけど「ビーサンなら洗えば済むし、多少寒くても何とかなるだろう」重装備か軽装備かどっちかはっきりしないといけない。それで後者。

 現地到着後しばらくしてから雨。ビーサンの人は殆どいない。まぁ気にせず色々見て歩く。今年も人多いなぁ・・・。フジロックはみんな志しが同じ「友達」に見えてくる。ヘブンとオレンジは結構なぬかるみ。歩くとビーサンがペタペタはりついて非常に歩きにくくなってきた。人にドロをとばしてはいけないと思い、抜き足さし足歩行ですごく疲れる。

 レッチリを見に行こうと、グリーンに向かう途中で悪夢が起きた。尋常じゃ無いぬかるみ地帯に入ってしまい(暗くて見えない)、ズボッズボッと両足をとられる。右足を「エイ!」と抜くとハナオが切れて足だけ抜けた。左足も「エイ!」と抜くと、同じことが起こった!その瞬間いわゆる裸足。・・・・埋まった、ビーサンを泥から抜いて、途方にくれる。ちょっと死にたくなった。こないだ、ウドーさんのフェスで「長靴が必要だ!」と思って1週間後。フジロックはかれこれ6回目。我ながらなんの学習能力も無い。自分に興味は無いが、裸足で何キロも移動するのはこの先地獄なので、靴を買いに行くことにする。ゲートを越えて、苗場プリンスあたりに行けば売ってそうなので、無理矢理ビーサンを履いて脱げないようにベタ足歩行。またこれがしんどいのなんの、スピードも遅い。裸足になると石を踏んで痛いのでしょうがなくテロテロ歩く。こんな仕事しててお客さんには「万全の体制でお越しください!」と呼びかけるクセに非常に情けない。いや、でもまさかハナオが切れるとは・・・・。

 苗場プリンスの売店に行くと「丁度今入荷しました!」と長靴が¥1500、大至急購入。これがいかにも「長靴」の中の「長靴」。黒光りして普段なら絶対履けないよなシロモノながら、履いてみたら今までの苦労があって天国に居る気分になった。

 ゆうゆうとレッチリを見に行く。足元を気にしなくていい状態でのレッチリはサイコーだった。

 この日、あと印象に残ったのはルーキーステージに出た埼玉のロックバンド「バンド・オブ・グリマーズ」。30代40代、ルーキー至上最高齢ロックバンド!THE BANDなんだけどなんかがおかしい。ニール・ヤング約らしきGの人は、長州小力に見える。リズム隊はお揃いの巨人帽。そのドラムの方(43歳)中心に演奏はサイコーなグルーブなのだぁ!MCもパフォーマンスを笑いどころ満載!(失礼)少年の心を持ったどこまでも「蒼い」中年バンド。かなり心を持っていかれてしまった。埼玉にしか有り得ないバンド。かなり良かったです。

 もう午前3時。ビーサンのおかげで1日を通して、あまりライブを見た記憶が無い。ま、いっか。それでもフジロックは楽しい。

|

« フジロック前日 | トップページ | フジロック2日目 »