« ギュインズとその仲間達 | トップページ | 春一番 »

2006年4月22日 (土)

ROCK IS HARMONY!

   アナログフィッシュ「ハルコスプリングコレクション・トミノコウジクランクグルーブ」in京都磔磔。前売りで完売です。満員御礼。

 やたら長くて意味の無さげなタイトルの「ハルコ」は、誰よりもアナログを愛している、レコード会社・担当女子のお名前。「トミノコウジ・・・」は、磔磔に面した通りが「富ノ小路(トミノコウジ)通り」と言って、そこから磔磔に入って行く直前に車だと若干難易度が高い「クランクカーブ」があるのです(そこで僕はバイトの時に車ぶつけた、ホントスンマセン)。一見意味は無さげで、実に深いタイトルなのです。

 「タクタクフィッシュ」もですね、これまたいつもライブが良いんです。小屋とバンドの色んな相性がイイ。今日は、新曲がいっぱい。リリースしていないのに凄い創作能力とライブ力(らいぶぢから)なのです。本編最後も新曲だって。サイコー!

 色んなライブが良いバンドのことを書く時に、かぶること何度も言いますけど、この新曲を惜しげもなくいきなりライブでやる姿勢が「然るべきライブバンド道」をずんずん突き進んでいて共感度120%なのです。

 アナログフィッシュがLIVE盤出す時は、是非「磔磔」で録って欲しいなぁ。。。個人的希望。客観的にもかなり良いと思いますけど。

 物販のTシャツが「ROCK IS HARMONY」と書かれていた。確かに演奏もさることながら、3人のコーラスは冴えゆく一方。優れたロックバンドはコーラスも確かに凄い。その「道」的にも頼もしいですね、この人達は。

 秋には関西で始めて「ライブ・ジョントポール」(2日公演で、曲をG・Vo下岡君の日とB・Vo佐々木君の日に分ける、このバンドならでは企画)も見れます!詳細はまた後日発表します。

 このまた意味の無いような、あつかましいような、いかしたタイトルの「ジョントポール」の、カタカナ表記された「ト」という文字に、僕は色んな「意味合い」を感じるのでした。実際はナンも無かったりして。

 今日聴けた新曲の数々は、今年CDになって聴けそうです。ここでベタな雑誌だと「今年のアナログフィッシュからは目が離せない!」とか書いて〆るとこですけど。。。

 まぁでも、3人編成で、うち2人がそれぞれ違ったタイプの曲を書いて、それぞれ歌うツインボーカルで、3人でコーラスワークも出来て、演奏も抜群で、キャラクターもバラバラで、etc・・・ロック史上こんなバンドはあったのだろうか?という意味では、「今年“も”アナログフィッシュからは目が離せない!」と、〆させて頂きます。

 

 

 

|

« ギュインズとその仲間達 | トップページ | 春一番 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50655/2116693

この記事へのトラックバック一覧です: ROCK IS HARMONY!:

« ギュインズとその仲間達 | トップページ | 春一番 »