« ライブハウスのはなし | トップページ | なんにもない♪なんにもない♪まったくなんにも・・・ »

2006年3月 8日 (水)

さよならベイサイド

 昨日紹介した、チキンのチキカワさん(このご時世に携帯、パソコン持たない石器時代から来た人。口癖は「なんかあったらメールか留守電残しといて!」)は、神戸に新しいライブハウスを画策中。まだ言っていいのかどうか解りませんが、店名がイカします。これは良いライブハウスになること間違い無し!内装も音も人もね。  

 今日は「さよならベイサイド・SET YOU FREE 企画」で、銀杏/サンボ/フラカン/ラフィンノーズ/TOMOVSKY/Baby&CIDERだった。なんだ、この豪華な組み合わせは!セッチュー千葉さん凄いなぁ。この人、企画したライブの問合せを自分の携帯番号にしてるんですよね。有り得ないっす。オトコマエ!

 今は打上げ中。ちょっと失礼してこれ執筆。

 自分的には、生ラフィン実は初めてで、ちょっと感動した。20年前のイメージと全然変わっていない。やっぱアーティストの人は年とらないんですね。(フラカンのぞく)トモさんも40才には全くもって見えないし。ライブやって、人に見られてたり、感受性が年とらなかったりすると老けないのかな、と思います。(フラカンのぞく) 峯田君が演奏中に客席で見ていたチャーミーさんとこ(それも2F席)まで出向いてチューしたのは、しびれた。

 20代、30代、40代の競演。こゆのに50代の人や、もうすぐ還暦のバンドなんかも一緒に交えたイベントやれればステキかも。日本もここまできたのですね。ロックの歴史が。

 にしても、今日のお客さんは暖かかった。最初から最後まで、全部楽しんでて、そりゃ演ってる方も嬉しいですよね。トモさんもフラカンも嬉しそうだった。キャリア積んでくると、若いお客さんの前で演奏出来る機会っていうのはなかなか無いもんなんです。若い子に受けると単純に僕らも「おおぉっ!まだまだイケルやん!」って、自信になります。多分バンドもそうだと思います。逆に若い人もキャリアあるバンドもっと見て欲しい。永年やってる人達って絶対それなりの理由があります。ライブ見て、それが何かを探すのは楽しい発見になると思いますよん。きっと。

 ぶっちゃけ、遅刻してBaby&CYDERとサンボ見逃してしまいました。すいません。でも近々関西でライブあるので楽しみにしてます。

 サードクラス&トモさんは、やっぱ誰が見ても楽しめる。前にも書きましたが、真理・真髄しか歌って無いので、共感度NO1ですよ。CD1億2000万枚売れないのがホント不思議。

 フラカンの新曲良かった。去年リリース無かったので今年はもうすぐシングル、夏頃にはアルバムリリース予定。かなり期待出来ます。期待して!もっと言うと、買って!

 銀杏は何回か見てますが、あれですね。今一番お客さんと「1:1」でライブをやるバンドのよな気がします。その「瞬間」を「見てる人」に全身全霊で注ぎ込む日本代表。どんなバンドもそう思ってやってるとは思いますが、銀杏はハンパじゃ無いっす。

 ベイサイドは今月3/31「ONE LOVE」って、レゲェっぽいタイトルのイベントで幕を閉じます。チケット絶賛発売中!メンツいいよ!最後でブッキングのノブエダ君は号泣するそうです。泣きたい時は泣いていいんだよ!

 ってことで、ベイサイドの皆さん12年間本当にお疲れ様でした。会場が無くなるのは寂しいですけどね。大丈夫、「人」は残るから。

 

|

« ライブハウスのはなし | トップページ | なんにもない♪なんにもない♪まったくなんにも・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50655/2116648

この記事へのトラックバック一覧です: さよならベイサイド:

« ライブハウスのはなし | トップページ | なんにもない♪なんにもない♪まったくなんにも・・・ »