« ウラヤマ・・・ | トップページ | 新・ナニワサリバンショー »

2006年2月24日 (金)

音泉に入浴したい人へ

 明日は大阪城ホールで清志郎さんの35周年“ナニワサリバンショー”。打合せがあって仕込み中の会場を覗く。見ると本番が楽しくなくなるので、通常は見ない進行表をうっかり見てしまった。むむ。。。顔がにやけてしまうメニュー。僕はそんなにRC狂ではないのに、客席で鳥肌立ってる自分が想像出来る曲順。チャボさん出るし、それだけで見る価値ありますよね。18時開演、当日券有りですよん。

その後、磔磔に宙ブラリを見に行った。日本のバンドが全部こんなバンドだと熱くて困るけど、いつの時代もこんなバンドは居て欲しい。「日本のROCK」って感じ。当然のごとく、そんなバンドは磔磔にはまります。Vo&Gの南さんは、町田康さんの若い頃みたい。顔と髪型が70年代です。これから大阪のクラブジャングルで夜通し「ニューアルバム視聴会&ミニライブ&飲み会」なんですって。誘われたけど「この後、合コンがあるんで・・・」と言ってお断りする。人間はたいがい、笑かしたり呆れさせたりすると、許してくれるので良く使うネタ。

 一時体調が良くなかった磔磔の水島さんは、最近すこぶる元気そう。話してるだけでメロウな気分になります。自慢のドラムも再開してる模様。「一時期POLYSICSと対バンさせてくれ~」と、あつかましいくらい懇願していた頃に早く戻ってください。対バンは、させませんけど。

 そうそう、今日新しく「女湯・見習い2号」が入社。「元祖女湯」が1年前に東京に行ってから1号(春一番のスタッフ)が入って、半年後どうしても一線越えれなくて、「私の春一番を作ります!」と言う迷言を残し退社。(注:「春一番」は猪木のモノマネの人では無くて、大阪で一番歴史が深くネイティブなイベント名)

 その後、雇った敬語が使えない男の子は1ヶ月で来なくなった。

 この1年あまりで3人目かぁ。入って辞めてしまうことは珍しくないけどちょっと多いなぁ。「女湯見習いマシン2号」に期待。

 この仕事、女子は必要。「女性のミュージシャンしか出せないグルーブがある」とこないだ書きましたが、スタッフも女の子しか出来ないことって絶対あると思うのです。力仕事とかライブの警備は出来ないけど、その分違うことで貢献してくれるはず。なんてたって、日本のロックは女子が支えてますからね。客目線に近いのは絶対女子の方。「RUSH BALL」作った藤本っちゃんとかね。元祖女湯もボノボ、アナタキコウ、ラリーパパ&カーネギーママ、セカイイチ、ぱぱぼっくすetc大阪の原石を色々サポートしてくれた。先見は女子の方が分がありますよ。

 よく音泉のホームページにも「人、募集してませんか?」と、お問い合わせ頂きますので、ついでにお答えしておきます。不定期のアルバイト(男子は、機材の搬入・搬出・警備、女子は物販のお手伝いとかチラシ配布)は随時募集してますが、最初は「不定期」なので「本アルバイト」の傍らぐらいの感覚で申し込んで頂いた方がベターかも。特に女性は比較的足りてます。男性は、人数少ないので助かります。

 「正社員」は、誰かが辞めないと募集はしません。ので、タイミング次第かもです。

 どちらにせよ「キツイ」「キタナイ」「給料ヤスイ」の、ラップ調の3語はついてまわります。だからあまりお勧め出来ません。僕も、自分の知り合いとかにはまずお薦めしません。

 というのはマニュアル通りのお答え。こっからがポイント!どうしても「働きたい」キチクなアナタ!働ける(かもしれない)方法をお教えしましょう!

 ①まずはなんとかしてバイトからでも潜り込む②言われた仕事以上のことを必ずやる③仲良くなる④仕事をだんだん頼まれる⑤アナタ無しでは、僕らの仕事がまわらなくなる!以上!

 ここまで、来ればアナタの勝ちです。「欠員が出ないと・・・」などと、こっちも言ってられません。早い話し、僕よりアナタが仕事出来るなら僕がクビでアナタが社員です。そん時はアナタの名前で「○○音泉」に改名出来るのです!(むしろ僕は、それがイイ)

 注意点としては、①~④の過程では、ほぼ「ボランティア」です。あと、モノ凄いコミュニケーション能力が必要です。無い人は「芸」でもまれにOK!めちゃくちゃモノマネが上手いとか、手品が出来るとか、猛獣使い、UFOが呼べるetc・・・要は人と違う何かがあるといいかもしれません。ちなみに今居る「男湯」(立命館)は、面接で「学生プロレスに在籍していた」ことを、「桶洗い」(大阪芸大)は「家具、作れます」と双方大学時代に費やしたこととして猛アピール。仮にも音楽関係会社の面接で、全く意味不明の自己主張に「こいつら何考えとんねん?」と思って採用に到りました。あと共通点は写真付きだったこと。「プロレス(それもやられてる)」と「家具(自作の)」写真をご丁寧に持参。親御さんが不憫でしょうがない。

 もとい。そして「音楽が好き」なのは大前提。「生きていけない」ぐらいで当たり前。普通に好きな食べ物だったら毎日食べれませんから。音楽=ご飯、みたいな感じで丁度良い。ただね「この人、別に音楽好きちゃうやん」って人、そこそこ居ますけどね。好きちゃうんやったら、もっと儲かる別の仕事すればいいのに・・・って思いますけど。

 以上が、音泉に「入浴」出来る一例・・・でも絶対じゃ無いですよ。明日から「タダでいいから!」といっぱい来られても困りますから。でも、このパターンは結構どんな仕事にも使えるんじゃないかなぁ・・・。まぁ、何事も思い込みとガッツですよ。入るのはね。ただ、続けることは、入るよりまた何倍もハードル高いかも。

 散々マイナス要素出しておいて、大変なこと書いておいて、なんですけど。最後にプラス要素も書いときますね。

「幾ら大変でも、それを上回る瞬間がある!」これ絶対。それが何かは秘密です。

|

« ウラヤマ・・・ | トップページ | 新・ナニワサリバンショー »

コメント

ナニワサリバンショー楽しそうですよねぇ!!
行きたかったんですが都合が合わなくて。。
なのでライブがどんな感じだったかまたブログで報告してくださいね。
なるほど~!
そんな方法でも音泉さんに入浴できるんですね(笑)
私は将来何の仕事に就きたいかまだ分かりませんがそういう方法もあることを頭に入れときますね。

投稿: kuma | 2006年2月25日 (土) 13時53分

久しぶりに番台日記を拝見しましたら、ブログというものになっていたのですね。昨年の音魂で「ここにもボ・ガンボスを愛してる人が!!」と、清水温泉のことを知りました。
横着者なのでまめにパソコンはひらいてないですが、日誌、
楽しく読ませてもらってます。飾りない感じが あったかで、なんだかおもしろいです(笑)。それに Soul of どんと や なにわサリバンショー 見てはるとは、お仕事?とはいえ うらやましいー!残念ながら行けないので、また番台日記にのっけてもらえたら嬉しいです。 あ、大変なお仕事とは思いますが、心揺さぶる空間を作ってくれる方々がいたおかげで、心豊かに・逞しく暮らせてる気します。 感謝感謝なのです。
これからも、ゴリッとしたフラワーなライブを楽しみにしてます~

投稿: しー | 2006年2月25日 (土) 18時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50655/2116638

この記事へのトラックバック一覧です: 音泉に入浴したい人へ:

« ウラヤマ・・・ | トップページ | 新・ナニワサリバンショー »